冷えた弁当は悲しくなんてない
「騎士」のこと好きかな?嫌いかな?さまざまあるかもわかんないけど、それほど悪いものではないよね、「上司」は。そう思ったりしない?<ヘッダー>

薄暗い週末の夕方に冷酒を

ネットニュースを毎日見るけれど、紙の媒体を読むのも好きだった。
今は、費用がかからないで見れるインターネットニュースが多くあるので、新聞はもったいなくて購入しなくなった。
けれど、読み慣れていたからか、新聞のほうが短い時間で多くの情報を得ることができていたけれど、ネットのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、深い内容まで調べやすい点はある。
一般的な情報からつながりのある深いところを見やすいけれど、受けなさそうな内容も新聞はちょっとした場所に小さくてものせているから目につくけれど、ネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、米国の債務不履行になってしまうかもという話がとても気になる。
なるわけないと思うけれど、仮にそうなったら、他の国ももちろん影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

控え目に吠える友人と壊れた自動販売機
読書をするのは趣味だけどどんな本でも読むはずはない。
江國香織の文章にとても魅力を感じる。
もう長いこと同じ小説を読み続けているほどだ。
ヒロインの梨果は、8年を共にした恋人の健吾に別れを告げられてしまうが、その引き金である華子とルームシェアするようになるという少々変わった話だ。
最後は衝撃的で大胆な形だがそれを知ったうえで内容を思い出すと「確かに、この終わり方はありえるかもしれないな」と思わされる。
それに、江國香織は、ワードチョイスや登場するミュージック、物など、魅力的。
ミリンダが出てくるとミリンダが飲みたくなるように書いてあるし、べリンダ・カーライルや古内東子といったミュージシャンが出てくるとつられてCDをかけてしまう。
言葉選びの仕方が優秀なのだろう。
また、「ピンクグレープフルーツそっくりの月」というセンテンスがどこから浮かんでくるのだろう。
そんな文章に引き込まれて、夜に何度も同じ江國香織の本を読んでしまう。
お気に入りの小説との夜遅くのこの時間が夜更かしのきっかけなんだと思う。

風の無い金曜の深夜に立ちっぱなしで

都内で江戸の頃から華やいでいる下町が、台東区にある浅草。
中でも古いお寺が浅草寺。
まさにここ最近、浅草寺詣でに行ってきた。
久しぶりに行く東京浅草寺。
再度、自分自身の目できちんと見て分かったのは、日本人以外のツーリストが多いということ。
いろんな国よりツーリストが集う浅草だが、前よりどう見ても多くなっている。
おそらく、世界一背の高い総合電波塔、東京スカイツリー完成の影響もあると思う。
アジア方面からは、新東京国際空港ハブ化で便が良いという事から、プラス、ヨーロッパ方面や欧米諸国からは、着物や和装小物に魅せられて来るお客様が多数だろう。
されおきこれから先も多くの外国人がやってくることを予想させられた。
日本の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る印象を抱いてほしい。
私はというと、仲見世通りを思いっきり散策することができた。
お土産に名物の人形焼と、雷おこしをたくさん買って、櫛やかんざしも見せてもらった。
宝蔵門を通過すると、豪華絢爛な本堂が見えてくる。
こちらの瓦屋根は、雨に濡れてもさびにくいチタンを使って、工事を行ったという。
浅草寺の秘仏の観音様にお礼と旅の無事をかねてしっかり御祈願してきた。
努力がこれから先表れますように。

雹が降った祝日の夜は読書を
ブームが去った今、ニンテンドーDSに夢中になっている。
最初は、TOEIC対策に英語漬けや英語関係のソフトを買っていたのみのことだった。
だけど、ヤマダ電機でソフトを見ていたら、英語関係以外も目移りしてしまい、いつも購入してしまう。
ピクロスDSやクロスワード、逆転検事など多数。
旅行に役立つ、トラベルシリーズも売れているらしい。
これは、移動中などのちょっとした時間にも活用できそうだ。

目を閉じて走る兄さんと紅葉の山

人によって、物の趣味や気になるものがあると思っているけれど、どんな感じか聞いてみるのが好き。
仲のいい子に質問してみたところ、お金、良い生地のランジェリーお母さんのことが大好きとの事。
さらに、異性の血管の見える手の甲。
それにドイツ語のひびき。
自分にはわからない。
りんごアメ、肌に直接ニット、アバクロの香水、声のかすれた男女が好きだと、伝えた。
なかなか意味不明だとの事だった。
まさにこれが、フェチという言葉がぴったりだという。

暑い祝日の午後にシャワーを
南九州に住んでみて、墓にいつも毎日、花をあげている主婦がひしめいているということにたまげた。
老齢の女性は、いつも毎日、墓にお花をやっていないと、周りの女性の目が心配らしい。
その日その日、生花をやっているので、家計の中の花代もものすごくばかにならないらしい。
連日、近隣の50〜60代の主婦の方は墓に集まって献花をあげながら、話もしていて、霊前の重苦しい雰囲気はなく、さながら、人がひしめく広場のようにはなやかな雰囲気だ。

喜んで体操する父さんと電子レンジ

笑顔って素敵だなーと思っているので、なるべく笑顔でいれるように気を付けている。
なるべく、場所と状況と考えて。
しかし、周りに強制してはダメ。
要は、一概には言えないけれど自身の概念として。
先程までシリアスな顔で真剣に商談をこなしていた人が、ほころばせた瞬間。
もう、大好き。
目じりに皺がある人が大好き!という学生時代の友人。
その気持ちも納得できるかもしれない。

悲しそうに熱弁する彼と花粉症
職場で着用するパンツスーツを選びに向かった。
コムサなどフォーマルなところも良いけれど、109も良いと思う。
若々しくて元気な女性向けの服屋で体のラインが出る製品が多数。
金額は店によって差が表れるが、ほとんどがお手頃。
そこで、購入する物を探していたが、細身の物ばかり売られていた。
着てみると、普段よりお洒落に見える気がする。
なかなか素敵な服選びが達成できて、かなり満足した。

前のめりで踊る先生とファミレス

息子の2歳の誕生日がもうすぐで、プレゼントを何にしようかを考えている。
妻と相談して、体で遊ぶアスレチック系か知育玩具か着るものなどにするかを決定しようとしている。
考えてばかりでなかなか決められないので、実物を見て選ぶことにしたけど、がつんとくるものがない。
けど、子供に近くにいかせてみたら、以外と簡単に決めることができた。
トンネルの遊具に一生懸命だったので、それに決めた。
ただ、今のアパートが窮屈なので、小さめのコンパクトなものに決めた。
値段が、わりとリーズナブルだったので、よかった。

泣きながら踊る先生とよく冷えたビール
盆が近づいて、とうろう流しなどの催し物が近郊で実施されている。
近所の観光施設では、竹や和紙で作られたとうろうが据えられていた。
近くの観光施設では、夜に電気の照明は付けられてなくてなくて、とうろうの明かりだけなのは、たいそう美しかった。
竹や和紙の中でキャンドルが輝いていて、やさしい灯りになっていた。
温和な灯火が付近の木々を煌々と照らしていてとっても美しかった。

サイトカテゴリ